ベビーモニターについて

音声や物によっては映像まで見れるベビーモニター。我が家は、2階建ての一軒家で、1階リビングの2階寝室です。

2歳の娘を寝室で寝かしつけてから、私はリビングに戻ります。寝室には、カメラ付きのモニターが付けてあります。

暗所用なので部屋が暗い状態でも、しっかりと娘の姿を見ることができます。もちろん、明るくても綺麗に見れます。

夫の帰りが遅いので、娘が寝てからも私は起きてることがほとんどですが、このモニターがあることで、安心してリビングで過ごせます。

泣き声は、モニターが無くても聞こえる事もありますが、水仕事をしていたりするとモニターからはっきり聞こえるので、すぐに飛んでいけます。また、泣かずにムクっと起きて、私のことを探すことがありますが、そんな時もモニターで様子がわかるので、すぐに飛んでいけます。

なので、私はカメラ付きのモニターを買って良かったです。我が家にあるのは、ネットで探して買ったもので金額は1万円くらいでした。

ベビープーのバスチェア

現在8ヶ月の息子を、一人でお風呂に入れています。

ベビープーのバスチェアを5ヶ月くらいから使っています。(3~5ヶ月はスイマーバを使ってしました。) 確か他にも私のフォトアルバムに写真を載せていたと思います。

1〕風呂場が狭く脱衣所で保管するので、折り畳めて片手で持ち運べるもの

 →簡単にコンパクトになります。組み立ても要らないし、楽です。

2〕(出来れば)水はけのよいもの

 →水はけは良さそうです。

3〕脚をバタバタするのが好き

 →息子は手をバンバン上下にするのが好きで、バスチェアのバーをガンガン叩いて遊んでいます。 

4〕ベルトをしないと即バウンサーから抜け出す

 →バウンサーはベルトをしても落ちそうになるくらい動くようになりました。バスチェアはバーをロックするので抜けだしたりしないです。

5〕こちらが構ったり、景色が見えているとじっとしていられる

 →息子はどうにも眠い時は、バスチェア上でギャー泣きします…。いくら泣いても私も自分の体を洗わないといけないので耐えてもらいます

子どもサプリメントで身長アップ。

私はとにかく子どもの身長を伸ばしたいと思っていました。

その事を真剣に考え始めたのは、息子たちが少年野球を始めた4年生の時でした。

まず、チームに入って驚いた事は同じ小学生とは思えないくらいに身長が大きくって、体の骨格がしっかりしてる子が何人もいたのです。

その子たちは6年生でしたが、たった年の差が2つなのに、あそこまで良い体格なので、家のたちも6年生になる頃には、あんな体型の子どもになって欲しいと願いを込めて、色々と対策を練りました。

食事の事や寝る時間の徹底などもしましたが、それらでは補えない分は子どもサプリの力を借りました。

同じチームの上級生で体型が良い子のママさんにどんな事をしているのか?聞いたら、足らない分の栄養は子どもサプリで補っていると聞いたので、同じ子どもサプリを買い求めて家の子にも飲ませました。

結果的に、小学6年の頃には上の子はチームで一番体が大きくなったので、私はした対策は合っていると確信しました。

お料理の手伝いは子育てに大切!

お料理の手伝いは子供は5歳頃からさせるようにしていました。子供用の包丁もあるので、それを購入して料理のお手伝いをしてもらい、ジャガイモ・人参などカットしてもらって料理を一緒に行っていました。とにかく、切り方によって形が変わるし、何個カットできるかなど、算数脳を鍛える効果もあるので、お料理を通して算数に通づるものを発見することができました。子供は包丁でカットするのが楽しいようで、色々カットして形を変えたり、変化をみるのを楽しみにしていました。手伝いを通して子供が色々なことを学ぶきっかけになり、自分で発見したり、算数が好きになるなど家の中で能力を伸ばすことができるので、特別お金をかけなくてもお手伝いを通して学ぶことが多々あります。色々と幼児教育もありますが、それよりも家庭でノビノビと子育てしたいと考えていたので、しっかりとお料理はできるように子供と楽しむ時間として、一緒に味噌汁を作ったり楽しみました!